スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ドロップかフラットか(自転車の選び方・1)


c0233101_1641840.jpg
初めてスポーツ用自転車を選ぶ際、ハンドルの形状で迷う方も多いと思います。

右がドロップバー。ロードバイクなどの競技用、ツーリング用のランドナーなどに使われています。
その左がフラットバー(一本バー)。MTBやクロスバイクがこのタイプです。

ドロップバーは乗りにくそうな印象があるのか、尻込みをされる方もいらっしゃいます。
でももし通勤だけでなく休日に1時間以上、サイクリングしたいとお考えならドロップバーをお勧めします。



理由は簡単。ドロップバーの方が疲れないからです。
フラットバーは、握る所が一か所しかありませんから姿勢を動かせません。長く乗ると体がこわばってきます。おまけに比較的立ち気味の姿勢になりますからお尻も痛くなりやすい。短時間の街乗り用です。
一方、ドロップバーは上を持ったり下を持ったりして姿勢を変えられます。これが体のこわばりをほぐして長時間ライドを楽にしてくれます。
「自転車に慣れてからバーを交換する」という考えもあろうかと思います。が、ブレーキ変速一体型レバーをはじめ替えなければいけない部品代だけで2~3万円になってしまいます。この他にも専門的な問題があって、お勧めできない場合があります。

ドロップバーは見た目とは違って難しいものではありません。すぐに慣れます。
ちょっと勇気を出して試してみて下さい。
[PR]
by nambei | 2012-02-03 10:17 | 完成車・フレーム