スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

「硬い」って何?


スポーツ用自転車を評する場合、独特な言い回しを良く使います。
硬い」というのが代表的な例ですが、始めたばかりの方には何のことか分からないと思います。

ゴルフクラブやテニスラケット、スキー板やスノーボードなどでも同じようなことを言います。
「硬さ」というより「たわみにくさ」と言い換えた方が分かりやすいかも知れません。
例えばゴルフクラブだとシャフトが「硬い」ものは飛距離が伸びて強いボールが打てるが、それなりの技術と体力がないと扱えない。ラケットやスキーも同様。





自転車の場合、すごく粗っぽく言えば、フレーム、特にクランク(ペダルが付いている所)取り付け部分周辺(ボトムブラケット=BB=周り)がガッチリしていて撓みにくいものが「硬い」フレームです。
「硬い」自転車はペダルを踏んだ時のダイレクト感が強く、キビキビと「良く進む」という印象を受けます。反面疲れやすく、そうなるとペダルを踏んでも抵抗が増えて弾き返されるように感じ、思うように進みません。

反対にペダルを踏んだ時にボトムブラケットが撓む感じがする自転車は、ダッシュや速度を上げていく過程で硬いフレームに比べると、もっさりした感じを受けます。その代わり疲れにくくて、バテてからもそれなりに走ることができます。

この感覚は、各人の体力、乗り方などに大きく左右されます。どっちが良いというものでは全くありません。お店のスタッフと納得するまで相談して選べば良いと思います。
[PR]
by nambei | 2012-03-04 10:00 | 完成車・フレーム