スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

3月初心者講習会無事終了


2012年3月のロードバイク初心者講習会を、11日(日)午前8時から開催、男女2人が参加されました。
講習会世話役の「南米朝練」Kさんからレポートをいただきましたので紹介します。



*********************************
講習会参加は60代後半のKさんとレディスAさん。お二人とも複数回参加です。
福岡地方は天候不順が続き、2月初めから週末ごとに雨にたたられて朝練メンバーもほとんど乗れておれません。足慣らしに講習会に合流するメンバーが多く、計9人のスタートでした。

走行中、気になったのがビンディングペダルの扱い。二人ともペダルを替えて間もないこともあり、ペダルをうまく拾えず、再スタート時にふらつくことがありました。
原因は、クランクを回しながらいっぺんにクリートをはめようとしていること。
ビンディングペダルをはめるというのは、「ビンディング面を正しく拾う」動作と「クリートをペダルにはめる」動作から成り立ってて2つは別の動作。慣れた人をよく観察すると分かりますが、一連の動作の中でも「拾う」と「はめる」をきちんと分けています。
ただ慣れるとクランク半回転のうちに無意識に連続してできるようになるから、回しながら一度にはめているように見えるだけ。
うまくできないならば、クランク上死点あたりで一度ペダルを止めてビンディング面をクリートと合わせる、それから半回転ほど回して止めてクリートをはめる、で良いと思います。途中の今津運動公園でしばらく練習してもらいましたが、スムーズにできるようになるまでにはもう少しかかりそうです。

もう一つは、信号停止などでずいぶん早くからクリートを外してしまうこと。自転車はロードバイクに限らずペダルから足を離すと操縦が利きません。そんな状態で転倒でもしようものなら足や腰の骨を折る大けがにつながります。早く外さないとこけると怖い、とのことでしたが、立ちごけで大けがはしません。ペダルから足を離すのは停止する直前で十分、何なら止まってからでもいいぐらいです。止まっても数秒は立っていられますから。

とはいえ、お二人ともロードバイクにもかなり慣れ、交通量の多いところでもさほど怖くはなくなったようです。糸島半島に出てからは、強い北西風に悩まされましたが、それなりのペースで付いて来られるようになっていました。暖かくなって走る機会が増えたらどんどん上達すると思います。
[PR]
by nambei | 2012-03-11 15:48 | イベント