スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

朝練G組


10月7日(日)の南米朝練は、22人もの方が参加し大変賑やかでした。実は賑やかな理由がもうひとつあって…ですね。
世話役のKさんがレポートをして下さっています。
c0233101_13223137.jpg




*************************
7日の朝練は、10~15年ほど前に朝練から遠ざかっていた3人が顔を出し、旧交を温めることが出来ました。
重たいギアをゴリゴリ踏み倒し「ターボディーゼル」と呼ばれていたH氏(65)、某社で営業成績ナンバーワンを何年も続けながら、なぜか蔵が建たなかったI氏(64)、そして学生時代に競技経験のある「人間カラオケ」K氏(62)。皆、現役(?)のころは元気にかっ飛ばして迷惑がられた親父どもですが、今や還暦超えの好々爺。ひょんなことから3人一緒に復活するか、という話になりました。
まぁ現役の朝練メンバーとて、この日の参加者だけ見ても、昔から彼らと一緒に走っていた私をはじめ、60代直前が3人、他に50代が4人。3人を含めるとほぼ半数が50代という高齢者の集まりなんですが。
普段は、元気に走るA組、やや強度を落としたB組に分けるのだけれども、この日は爺が集まったのでエスコート役もアラ還で固めて「G組」を追加しました。
主役の3人、乗ってないとはいえ昔取った杵柄で、走り方はきれいで「のんびりとサイクリングしましょうや」の言葉通り、平地はほぼ順調にこなします。他のメンバーは「亡霊」だの「ゾンビ」だの「後光が差しとる」などと言いたい放題だったようですが…。
途中、瑞梅寺ダムの登坂を入れているのですが、ここで力を使い果たしたか、糸島半島に入って通常コースを離れてショートカット。ひと足先に大休止場所の杉能舎に向かいました。
それでも、無事に南米商会に帰着することが出来ました。新旧の仲間たちと昔話が尽きないようでしたが、体が慣れればまたそれなりに走れるようになるでしょう。
c0233101_13384334.jpg

c0233101_13385443.jpg

[PR]
by nambei | 2012-10-08 10:00 | イベント