スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

レストアの楽しみ


c0233101_913949.jpg

ピカピカのMASI GRANCRITERIUM(マージ・グランクリテリウム)。'70年代後半にイタリアで製作された名車です。



部品を外され、ある所で錆だらけになっているのをレストアしました。
幸い、フレームにひずみや凹みがなかったので、錆を落とし、再塗装し、アメリカのネットオークションで補修用ステッカーを入手して仕上げるだけですみました。
南米朝練の常連さんにお譲りし、ご自身で少し年代の新しいデ・ローザから主要パーツを移植しています。足りないパーツや時代の合わない部品については、仲間内で調達されたようで、なかなか雰囲気良く仕上がりました。
c0233101_942584.jpg

c0233101_942961.jpg

スチール系フレームの錆は、余り深く食い込まないので見た目ひどく錆びているようでも、大丈夫なことが多いですし、当店はフレーム製作も手がけているので、凹みの補修やフレーム修正はもちろん、パイプの差し替えという大手術も可能です。
再生のネックはステッカー類ですが、老舗ブランドならアメリカのネットオークションや通販で補修用が結構見つかります。時間とお金はそれなりにかかりますが、そっくりに複製することもできます。
古い自転車の再生のご相談承ります。なお、再塗装しない錆び落とし、磨きのみの作業については主観の差が大きいのでオーナー様にお願いしています。ご理解ください。
c0233101_943271.jpg

c0233101_9431131.jpg

[PR]
by nambei | 2013-10-06 10:00 | 日記