スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コソ錬スペシャル・ピスト改4~タイヤ編~


c0233101_7405125.jpg

さて、ホイールを組んだら当然タイヤですね。
前回、ホイールを組む話の時に、「練習用なのに今時チューブラー?」と疑問に思われた方もいらっしゃると思います。



私がいくら昭和のサイクリストとは言え、現在ショップをしている身。
現在のクリンチャータイヤがどれ程素晴らしいのかは重々承知しています。
実際、今回の使用目的(コソ錬なので練習内容は公開できません。悪しからず。)を考えると、多くの面でクリンチャーの方が勝っています。
が、数年前、とあるレース会場でフレームビルダー界の大御所、N澤さんと馬鹿話をしている時に言ってしまったんですよ。
「チューブラーが無くなったら自転車乗るのやめます。」
って。
歳はひと回り以上違ってもそこは昭和のサイクリスト同士、長Sさんも、
「よく言うよ。」
と、ゲラゲラ笑ってましたが。

まぁ、そんな事はどうでもいいのですが、ずっと以前から、練習用のタイヤとホイールはなるべく(レース)本番で使うのと同じ物を、という考え方があります。
私もその考えで選手時代を過ごしてきました。
今の私はレースに出る訳ではではないし実際はどうでもいいので、クリンチャーとチューブラー、どちらにしようかと散々迷ったけれど、今まで通り、チューブラーでいくことにしました。

タイヤはビットリアのストラダ。同社のラインナップでは最廉価版「ラリー」のひとつ上のグレードです。
先の話とは反しますが、今回の練習では、ホイールやタイヤの重さは練習の効果にはさほど影響がないと考えられますので、実はラリーでも十分なのですが、少しだけ贅沢しました。
c0233101_07170272.jpg

[PR]
by nambei | 2014-01-19 10:00 | 日記