スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAMBEIピストラーダ試乗記・2


c0233101_07544302.jpg
名古屋在住のNさんの、ピストラーダ(「白ベイ」と呼んでいらっしゃいます)の試乗記。後編です。



***************************
乗り手が100の力を入力したとすると、『セブン』(注:4台お持ちのピストラーダのうち、米・セブン社にフルオーダーしたチタン製)はキッチリ100の出力をする、言い換えれば100しか走ってくれません。それに対し『マージ』(伊・マージにフルオーダーしたピストラーダ。パイプはデダチャイ・ゼロ)、『赤ベイ』、『白ベイ』とも、100以上の出力をしてくれる、言い換えれば100以上に走ってくれる気がする。ただその出力の仕方というかマナーは全部違います。「『マージ』は『バネ感』で持っていく感じ」、「『赤ベイ』は『トラクション』で持っていく感じ」、「『白ベイ』は強い『直立性』で持っていく感じ」と言ったら良いでしょうか。
『マージ』の「バネ感で持っていく感じ」とは、クランクに伝わった力を一旦フレームに蓄え、そのフレームに蓄えられた力がバネのように弾けて、反対側のクランクを回すのを手伝ってくれる感じ。(「フレームが撓む」という意味ではありません。誤解の無いように)
『赤ベイ』の「トラクションで持っていく感じ」とは、乗り手がクランクに伝えた力を、フレームがタイヤを通じてロスすることなく路面に伝える。「タイヤが路面をがっちりと捕まえる」と表現したら良いでしょうか。そして路面からタイヤに伝わる反力を、フレームが余すところなく反対のクランクに伝え、その結果ペダルを回すのを手伝ってくれる感じ。
自転車はペダリングの際、多少なりとも左右への傾きを繰り返しています。すなわち右クランクを踏み込むときは右に、左クランクを踏み込むときには左に傾いているはず。その結果、自転車は多少ながらも左右への蛇行を繰り返しながら走行している。それは『白ベイ』も同じだけれども、その傾きをセンターに戻す力が桁違いに強い。その結果、最小限の左右への蛇行で走っていく。結果、「直進性で持って行く」という印象になるような気がする。
「ペダリングの際、必然的に生まれる左右への傾きを、推進力に変換している」と言ったら、ご理解頂けるでしょうか。ダンシングを受け入れてくれなかったり、ガク踏みよりもモーターのようなペダリングを要求してくるのも同じ理由だと思います。
表現がヘタで申し訳ありません。多少でも僕の言いたいことが伝わると良いのですが…。
もちろん『白ベイ』のトラクションは『赤ベイ』に負けず劣らず強い。また『赤ベイ』も『マージ』に負けず劣らずのバネ感を持っています。でも三車の特徴を一言で言うと、こういう表現になるということです。

c0233101_07544879.jpg

最後になりますが、僕の趣味の一つにもう55年以上続けているスキーがあります。これだけ長く続けてやっと判ったことは、「良いスキー道具はスキーヤーに正しい滑り方を教えてくれる」ということ。言い換えれば、「良いスキーを履いているのなら、そのスキーを自分でコントロールしようとするのではなく、走りたがっているスキーの邪魔をしないこと」が大切ということ。
推進力を落下エネルギーにのみに頼るスキーでは、この「落下エネルギーをどうコントロールするか」、言い換えれば「落下エネルギーをいかに無駄にしないか」が肝要です。この斜度でこの雪質なら、この位置に乗るとスキーが走る(落下エネルギーを無駄にせずにすむ)というポイントがある。そのポイントを外れるとスキーが無駄に横滑りして、落下エネルギーをロスしてしまう。そしてその修正に無駄な力が要る。そういうことを良いスキー道具は教えてくれます。

自転車も同じ。自転車をコントロールしようとするのではなく、走りたがっている自転車の邪魔をしないことが大切。南米さんの自転車はホント良い自転車です。それは単に「芯が出ている」とか、「ラグワークが綺麗」とかいうことだけではありません。『乗り手に正しい乗り方を教えてくれる』という意味で、南米さんの自転車はホントに良い。
もし初心者や中級者の方が、南米さんの自転車に乗っていて思ったほど走らないのなら、それは乗り手が走りたがっている自転車の邪魔をしている。そう思って間違いない。それはポジションの誤りであったり、ペダリングのロスだったり、あるいは整備不良だったりするでしょう。ネットの情報や、凡百のセールストークに迷うことなく、藤崎を訪問されることをお勧めします。


[PR]
by nambei | 2014-07-31 14:03 | オーダーフレーム