スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

長崎国体トラック競技観戦 3


c0233101_13003833.jpg
長崎県・佐世保競輪場で開かれた長崎国体・自転車トラック競技の観戦記。南米朝練世話役のKさんがまとめたレポートの最終回です。








***********************************************
各種目の説明は、こちらを参考にして下さい。

ケイリン
基本的なルールは競輪と同じなので、すんなりと観戦できました。一列棒状から、自分とライバルの脚質を考えてどのタイミングで逃げるかそれとも最後の直線で抜くか。他車を牽制するような動きは一切禁止されていますから、分かりやすいです。
成年では、山口の選手がバックストレッチ早々からロングスプリント、そのまま優勝するかに見えましたが、最後の最後で高知の選手に抜かれてしまいました。その差はタイヤ1本分以下。優勝を逃した選手は試合後、「いけると思ったんですが…」とサバサバした表情でした。全力を出し切ったのですね。
また、2年後から正式種目となる女子のケイリンもエキシビションとして行われました。女子といってもなかなかの迫力で見応えがありました。
ところで、ケイリンの原型となった「競輪」は、他車への牽制が一定レベルで認められていますし、選手登録地ごとの"団体戦"の要素もあって、似て非なる種目です。機会があればぜひ観戦して下さい。
c0233101_13004296.jpg
スクラッチ
タイムを争うわけではないので、途中でペースが落ちたり上がったり。2、3人で逃げを試みたり、緩急の変化の激しい展開で、競技場内でのロードレースという形容がピッタリです。観戦できたのは女子のエキシビションでしたが、それでも結構面白かったです。
c0233101_13004720.jpg
まとめ
種目によって見所が違う上、試合ごとに展開が違うので、見飽きることがありません。国体に出てくる国内トップクラスの選手たちの力量というのも十分に分かりました。
トラック競技の種目は、ロードレースの中で出てくる様々な場面を切り取って、純粋精製したものという印象が強く残りました。逃げと追走集団、少人数のゴールスプリント、ポイント賞を取りに行く選手たち、なぜああした動きになるのか、何を考えているのか、などが少し理解できたかも知れません。

ところで、解説を買って出てくれた薙野さん、時間を見つけて母校の監督、選手やOBらと会っていましたが、それ以外にも場内を歩いているとあちこちから声を掛けられていました。県や大学の監督さん、選手たち、さらには有名なビルダー、応援に来た競輪選手とOB、その人脈の広さには改めて驚かされました。
c0233101_13005053.jpg
c0233101_13005318.jpg
途中、ビーフシチューの振る舞い、幼稚園児の団体観戦などもあり結構な盛り上がりでした。運営に当たった長崎県教委、ボランティアの高校生諸君、お疲れ様でした。



[PR]
by nambei | 2014-10-26 10:00 | イベント