スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ビギナーズサイクリング・レポート


c0233101_13341349.jpg
2015年2月のビギナーズサイクリングを、2月15日(日)午前8時から開催しました。いつもの通り、世話役の「南米朝練」Kさんからレポートをいただきましたので紹介します。




********************************
参加されたのは女子高校生Hさんをはじめ10代から60代まで5人。Hさんと20代男性Aさんが初参加。他は複数回参加です。久しぶりにお日さまが顔を出し寒さが緩み、風もない絶好のサイクリング日和になったせいか、朝練メンバーもゾロゾロと集まり、実に総勢36人。20年以上も朝練に参加していますが、こんな大人数は記憶にありません。
話はちょっとそれますが、若い女性にロードバイクが大人気だそうで、首都圏などでは女性用バイクが品薄になるほどといいます。ご存じ「弱虫ペダル」をはじめ、女性コミックでもロードバイクを題材にした連載漫画があるのが影響しているのでしょうか。確かに、女性ローディーの姿をよく見かけるようになりました。
初参加の2人はロードバイクに乗り始めてまだ数か月。Hさんは、お父様に車で今津運動公園まで送ってもらい、そこから合流。お父様も伴走して、どんな走り方をしているか見学していただきました。
HさんもAさんも、まず乗り慣れることが先決。特にお願いしたのは、しっかり前を見ることと、路側帯に十分な広さがない場合は、車道脇の白線のほんの少し右側(車道側)をふらつかずに走ること。2人とも白線より左側を走ると考えていたようですが、端っこに寄り過ぎると車は避けてくれず、返って怖い思いをします。また、道路脇から人や車が飛び出したら避けられませんし、砂や異物を拾ってパンクや落車の危険もあります。
サイクリングで一番大事なのは、速く走ることでも格好良く追い抜いていくことでもなく、無事故で帰宅すること。危険を回避できるだけの時間的、空間的余裕「逃げ代」を常に考えておきましょう。
そんなアドバイスを受けながら2人とも、25km/h前後で無事に大休止場所の杉能舎に到着。
まだ体力が残っていたHさん、ショップまでの+15kmに挑戦。車道を走るのはまだ怖いと言っていましたが、速度こそ遅くなったものの体がぶれることもなくちゃんと走り切りました。なかなかきれいな走り方ができていたようです。ショップ帰着後、パンク修理練習の補修もしたし、中身の濃いサイクリングになりました。
Aさんも、慣れない坂で遅れてしまう、と言いながら段々と周囲のペースに合わせる要領を覚えていったようです。若いので3か月もしないうちにガンガン走れるようになります。
リピーターの皆さんはコースや要領が分かっているので、朝練に混じってそれぞれに快走を楽しんだ(引きずり回された)ようです。
伴走したHさんのお父様は、ロードバイクのスピードに驚いたとのこと。聞けば、A組に元気の良いのが集まっていたので、先頭グループでは途中からかけっこ大会が始まっていたようです。
c0233101_13340976.jpg
c0233101_13341193.jpg
c0233101_13341446.jpg



[PR]
by nambei | 2015-02-18 10:00 | イベント