スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

弱虫ペダル考


毎週楽しみにしていたアニメ、『弱虫ペダル』が終了してしまいました。







サイクリストに人気のある某自転車専門誌でも特集を組んだり付録を付けたりと、何かと話題を提供してくれたこの人気アニメは、これまでサイクリングに縁のなかった人達を、ロードバイクに興味を抱かせる魔力を持っていました。
事実、お客様の年齢層が比較的高い当店にも、中高生らしき子が立ち寄ってくださることが多くなっています。
それと比例して女性の方のご来店も増えています。

内容については、長年レースの世界を見てきた側からすれば
「ンな馬鹿な。」
と言うシーンが多々あるのですが、そんな堅苦しいことを言ってては漫画になりませんよね。
何といっても面白いのは、自転車バカ達が織り成す人間模様とレースに対する執着心。
自称自転車バカの私も、ついつい感情移入してしまう、この辺りの心理描写は見事としか言いようがありません。

当店で毎週末夕方にお客様方が集う、通称『夜錬』でも時々この話題になったりします。
この『夜錬』では、他では話せないようなディープな話題がポンポン飛び出しますし、私も他所では絶対喋らないような強くなる為の秘訣を喋ったりします。
そんなある日の『夜錬』の最中、『南米朝錬』の世話役であり、また、当ブログでも度々イベントや『ビギナーズサイクリング』のレポートもしてくださっているKさんがひと言、
「あの主人公、トラックの方が向いてるんじゃないの?」

以前、当ブログでトラックレースの事を取り上げましたが、トラックレースは一つのギヤであらゆるスピードをコントロールできなければなりません。
これこそ、主人公・小野田坂道が勝負所で見せる、`回転を自在に操る能力´に他ならないのです。
さすがKさん!

そんなこんなで取り敢えず番組は終了してしまいましたが、原作のコミックの方はまだまだ続いておりますので、続編を期待したいものです。
が、私はまだコミックは見てないんですよねぇ。
『弱虫ペダル』のアニメ放映が始まって間もない頃、アニメ&コミック好きの我が娘と一緒に見ていたら、
「お父さん、これを機会にコミックス全巻買おうとか思わないの?」
と、期待を込めた目で…。
当時で確か32巻。
全巻揃えると結構な出費に。
「う~ん、ないな。」
と答えておきましたが今は思案中。
出費と言っても一回飲みに行くのを我慢すればどってことないんですがね。
そこを悩んでしまうのが`オヤジの性´なんでしょうな(笑)

[PR]
by nambei | 2015-04-12 10:00 | 日記