スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

コルナゴ2016年モデル展示会その1


コルナゴ2016年モデル展示会に行ってきました。
2016年モデルの目玉は『CLX』のフルモデルチェンジとスチールフレーム『アラベスク』の復活。
c0233101_22315746.jpg
今回はカーボンモデル。





『C60』に関してはカラーバリエーションの変更や追加に留まっていますが、そのカラーリングと漕ぎ出した瞬間に思い知らされる有無を言わさぬ説得力のある乗り味とが相まって、圧倒的な存在感を感じさせます。
こちらはアップチャージが必要
c0233101_2233216.jpg



続きまして『V1-r』。
今年、ロードレースファンの注目を集めたのが、『V1-r』を駆る萩原麻由子選手の活躍。
それと、新城選手も今年は『V1-r』でシーズンを走ったことで、2016年では人気の中心になりそうです。
そう言った意味からも、コルナゴが16年で最も力を入れてくるモデルとも言えそうです。
『V1-r』もカラーリングの変更と追加があります。
更に鮮やかなブルーの追加が展示会直前に決まったそうです。
但しこちらはアップチャージが必要との事。
c0233101_22342094.jpg

当店のブログでは、なかなかインプレッションが進まない『V1-r』ですが、専用シューズの後、違和感があったサドルを交換したら股関節のストレスが嘘みたいに抜けて、いよいよ本領発揮といったところ。
元々高剛性と言われるコルナゴですが、そこにコルナゴ史上最軽量のフレームですから、『C60』とはまた違った、常に軽さを伴いながらも、確実に前に進む走りが魅力です。



フルモデルチェンジの『CLX』は上位モデル『V1-r』を踏襲するアルテグラ仕様のコンプリートモデルです。
c0233101_22355683.jpg


15年から引き続く『AC-R』『CX-ZERO』はカラーバリエーションの変更に留まっています。
個人的には15年モデルで気に入っていたオレンジが無くなったのは淋しいですが、コルナゴの色では好きな赤が加わりました。
c0233101_22583056.jpg

[PR]
by nambei | 2015-09-16 10:00 | 日記