スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

コルナゴV1-R インプレ


c0233101_13533378.jpg
ここまで来るとV1-Rの本領発揮といったところで、コルナゴ2016年モデルのところの繰り返しにはなりますが、コルナゴ史上最軽量のフレームにコルナゴ本来の高剛性も加わり、常に軽さを伴いながらも確実に前に進んでいきます。




ダッシュをかけた時は私の体重(80㎏)と脚力では多少たわみを感じますが、それでも加速には抜群の軽さを感じます。
私の脚力とは言ってもあまりにも抽象的なので、興味のある方は『パイオニア・サイクルナビ』による走行データーをお見せできるので、ある程度の目安にはなると思います。
c0233101_13565179.jpg
コルナゴと言えば、中学生でスポーツサイクルに興味を持った頃からの憧れのメーカーの一つで、私にとっては3台目。
初めて入手したのはクロモリの『マスターオリンピック』で次が『カーボン・ボロ』。『C35』の前身に当たるコルナゴ初のカーボンモノコックフレームです。
共通して言えるのは、「何と言って特徴はないのだけれどよく進む」ということ。

ただし、元競技者で現在はフレームビルダー兼ショップ代表としての私にしてみれば言いたい事が無いわけでもありません。が、これは『コルナゴ』に限った事ではなく、『ブリヂストン・アンカー』以外の市販メーカーには共通して言える事。
当ブログでは言いませんが、興味のある方には、店でなら話します。
特に『夜練』の時は…(笑)
[PR]
by nambei | 2015-11-01 10:00 | 日記