スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CAMPAGNOLO SHAMAL MILLE(カンパニョーロ・シャマル・ミッレ)


c0233101_10401974.jpg
SKを組み上げた時点で、SK用のホイールとして何を選ぼうかと考えていました。SKと組み付けるパーツは、その感想をお客様にお伝えする目的もありますので、プライベートで使っているチューブラではなく、クリンチャーを選ぶ事にしました。




候補としてはマビック・キシリウム・プロSL、フルクラム・レーシング・ゼロ、カンパ・シャマル、この辺りでしょうか。
普段使用しているシャマルが私としては気に入っているので、ここでもシャマルを使ってみる事にしました。
同じシャマルなら少しインパクトがあるミッレを選択します。
クリンチャー自体は私自身はほぼ初めてと言ってもいいので、チューブラとの比較が楽しみです。
c0233101_10402161.jpg
しばらくの間ナンベイ号から拝借していたシャマル・ウルトラ(チューブラ)を試用していましたが、シャマル・ミッレが入荷してきたので交換しました。
タイヤはミシュランの新製品『パワー』シリーズの中のコンペティションを試用します。
重量的には、ホイールははぼ同じでタイヤ・チューブを合わせるとチューブラよりも10g/本程重くなりますが、リムセメントのことを考えると殆ど同じと考えて良いと思います。
クリンチャーリムではチューブラリムに比べてパイプ径が小さくなりますので、その分剛性が下がります。
チューブラ用シャマルは高剛性で巡行性能が優れていますが、クリンチャーのミッレでは剛性が下がった分ニュートラルになっており、そのことで軽快感が増しオールラウンドに使えそうです。
c0233101_10401649.jpg
ミシュラン・パワーは、ディスクブレーキにも対応できるグリップ力を持たせながらも、転がり抵抗も軽減させた(?)と言うのが売りなのですが、何しろクリンチャーは初めてですので、今後違うタイヤに替えた時に感想を綴っていきたいと思います。
走行感としては多少乗りごこちが硬いもののチューブラとの違和感は不思議な程ありません。
ただ、あくまでも感覚なのですが、チューブラの時と同感覚で踏んでいてもメーターで確認すると30㎞/h辺りで2㎞/h程メーターの示す値が低いように感じますし、信号待ちの後のゼロ発進も最初の2、3歩に少し重さを感じます。
私の通常使用のチューブラでは空気圧は8.5berで使用していますが、ミシュラン・パワーでは指定気圧が8ber迄の為7.5berで試用していますので、この辺りの感覚は空気圧によるところかもしれません。
ですが、35㎞/h付近からはチューブラとの差は殆ど感じないと言って良いでしょう。
今回はまだ組み付けて間もないままの印象ですが、今後、色々な場面でのインプレッションをしていこうと思います。

[PR]
by nambei | 2016-06-26 10:00 | 日記