スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

エンジョイサイクリング・レポート


c0233101_13091485.jpg
2016年8月のエンジョイサイクリングを21日午前8時から開催しました。
南米朝練Kさんのレポートで紹介します。






*******************************************
参加されたのは40代の男性4人。うち2人が初参加です。皆さん、それなりに練習されているようで体も絞れています。北部九州の猛暑は衰える気配もなく、この日も肌を焙るような日差しが遠慮なしに降り注いでいて、いつもの海沿いは暑いよな、と逡巡していると、レディスM女史が「瑞梅寺ダムで涼む!」と、皆さんの了解(なのか強要したのかは知りませんが…)をさっさと取り付けて来てしまいました。
午前8時前に朝練メンバーがワラワラと集まりはじめ、結局25人の大所帯で出発。国道202号バイパスを飯氏交差点で左折、バイパスと平行して西に延びる県道565号線経由で瑞梅寺ダムを目指しました。
県道565号線周辺は、平原、三雲など弥生時代の遺跡がたくさん発見されていることでも知られています。見通しがよく信号が少なく、路面もきれいで走りやすい道路です。
今回の4人は取り立てて直すところもなく、そのまま瑞梅寺ダムへ。ダムからさらに2kmほど上がり、標高265mの「キトク橋」へ。ここから水無鍾乳洞までさらに登ることもできなくはありませんが、15%超のセメント坂が延々と続くのでパスして折り返し。バイパスに出るまでは見通しの良い快走路、残念ながら向かい風でしたが、それでも登りでは味わえない平地のスピード感を堪能し、いつもの杉能舎で大休止後、無事に南米商会に帰着しました。初参加のお二人は「足がいっぱいです」とおっしゃっていましたが、遅れることなく完走できました。
お二人は、メンバーのバイクを見て「ハンドルが低い(サドルとの落差がある)」と驚いていました。皆さん、サドルより5cm~10cmぐらいハンドルを低くセットしています。ロードバイクは前輪にしっかり荷重がかかっていないとふらつきますし、体重を分散してかけられるので長距離が楽になります。
c0233101_13091605.jpg
c0233101_13123759.jpg
さて、この日は別動で9月25日に福岡県添田町で開かれる「英彦山サイクルタイムトライアル」に出場する仲間のうち5人が試走に向かいました。終盤にうんざりするような激坂が続くコースなので、初出場のレディスKさんも慣れていた方が良い、と同行してもらいました。第1回から参加しているベテラン、南米朝練で山岳大魔王と呼ばれるHさんがKさんをフォローし無事完走。これで本番も自信を持って走れるでしょう。
Hさんはじめ3人は登りのお代わりをしたとか…。
c0233101_13091094.jpg
c0233101_13091240.jpg

[PR]
by nambei | 2016-08-25 10:00 | イベント