スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

糸の切れた凧ツアー:日向神:玖珠編


c0233101_10354682.jpg
南米商会秋サイクリングの中日、10月9日(日)に長距離サイクリング「糸の切れた凧ツアー」にも3人が挑戦しています。9月に福岡-鹿児島300kmラン(帰路は輪行)を予定していたのが台風接近で中止、この日に再挑戦の予定だったのが寒冷前線の通過で急遽コースを変更、雨上がりの早朝に出発しての長距離走でした。今回のレポートは進境著しい若手メンバー(南米朝練では…ですが)のヒマラヤンさんが寄せて下さいました。(コースはこちら




******************************
鹿児島行きを諦めた10月9日の午前7時、昨夜来の雨も上がり、いつもの集合地点、福岡市南区の「学校下」セブンイレブンを、アビ兄とボーズさんと私の3人で大分県・小国に向けて出発。
まずは福岡県・八女方面に向かって鳥栖筑紫野道路を南下。この道は大きな穴が空いたりしていてあまり好きじゃあない。しかし強い北よりの追い風で久しぶりに乗る自転車も快調な滑り出し。調子が良い!
雨雲も北風に吹き飛んだか、最初の休憩の久留米のコンビニに着く頃には、空も快晴!でもチョット肌寒い。(´Д` )

平坦基調はここまで。
八女を抜け黒木町方面へは、ゆるく長い上り。実家の津屋崎に似た町並みを抜けながら、矢部川を横目に日向神ダム方面へ。ダムの手前どのくらいだろうか、斜度10%を超える坂がチラホラ∑(゚Д゚)ちょっとキツくないですか?
と思いながら、のどかな風景と渓流の水が流れる風景を眺めて気を紛らせながら走って日向神ダム(黒木町)に到着!空気も綺麗でマイナスイオンたっぷり!気持ちいい(^o^)
いくつかの橋を渡り、ダムをまたぐ様にかかった大きな橋で、記念撮影(о´∀`о)
c0233101_10353778.jpg
ダムを過ぎると、これまでのリラックスしたサイクリングは一変! 国道442号線で鯛生金山方面に向かうのだけど、矢部村の竹原峠はずっと上り。どのくらい登った頃だろう。突然カラダが凄くだるい。置いてかれる。追いつけない。途中、アビ兄とボーズさんが待っててくれて、「大丈夫?」と声をかけてくれて、ちょっと休憩。
上りはもう少しだから。と再出発!
すぐさま今度は脚もピクピクして限界な感じ。完全にスイッチがOFF。どうやらハンガーノックらしい。
足を引っ張っちゃいけないと思い、エスケープ宣言_| ̄|○
しかし言った場所が悪かったようで、もう少しで峠の頂上。輪行する駅には、日田か久留米のどちらか。どっちも遠い。
ありったけの補給食を頬張って、ひとまず目的地の小国迄行って考える事に。
c0233101_10361532.jpg
下り坂が来る事だけ考えてペダルを踏んでると、割と早く下り坂に突入!休める\(^o^)/
ジャマイカ代表のキャンプ地、中津江村を通り越しあっという間に目的地の小国町に到着。
よく頑張った!と自分に言い聞かせた115km地点。

昼食はうどん屋さんへ。大盛り肉うどん。
c0233101_10361230.jpg
しっかり補給して、決断の時。
どうする?
日田まで直行して輪行。最短の日田経由で皆で帰る。当初の予定通り250kmコースを玖珠に向かう。

迷う事なく答えは、玖珠に向かう事に決定! せっかく来たのに、皆で引き返す選択は無し。

「玖珠まで26km」の看板。ゆるく長い上りが10km位続くらしい。気合いを入れ直して、小国を後にした。
大先輩ふたりは、淡々と上っているけど、なんとか見失わないよう付いて行く。道は広めで走りやすい事、凄く高い位置に橋がかかっている事、杉林が多い事だけ覚えている。
何だかんだで10km上りきる事も出来、後は下りと平坦のみ!やったー☆o(≧▽≦)o
日田まで気持ちの良い下り。頑張った甲斐があった!

日田からは追い風の中、国道210号線の三隈川沿いを走る。JR久大線の「ゆふいんの森」号と並走する所もあり、車は多いけど絶景ポイントがたくさん。
秋の日はつるべ落としで、暗くなり始め筑後川を超え甘木朝倉を抜ける頃には、前のふたりの姿が遠くに行ってしまう。追いつく事も出来ず、ひとり旅に。二人は先のコンビニで待っててくれて。最後の休憩。
c0233101_10361950.jpg
ここからは見慣れた福岡市内の町並みが続き、怪我もなく無事いつもの学校下セブンに到着。午後8時半。

心折れてたけど、最後まで走ると決めた自分を褒めてやりたい。
そして、途中から足を引っ張ってる自分を気にかけて走ってくれた、アビ兄とボーズさんに感謝!
自分の力量不足を思い知り、コンディションの整え方を学べた250km?弱?でした。

[PR]
by nambei | 2016-10-19 10:00 | That's cycling!!