スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

競輪場体験


c0233101_08503257.jpg
少し前になりますが、7月30日に久留米競輪場でトラック競技の記録会が催されました。アマチュア向けでロードバイクでも参加できるイベントです。南米朝練からnagi師匠を含め6人が参加しました。朝練メンバーの参加は、約10年ぶり。記録的な猛暑でフラフラになったようですが、トラックならではの楽しさを満喫できたようです。レポートは進境著しいレディス、ミカちゃんです。



**************************************
7:30集合
集まったのは60代半ばの官兵衛さん、還暦のkiri隊長、50代のキムタクさん、ロッタパパさん、薙野さんに私。応援団でhorihoriさん、OTOさん。キムタクさんの奥さん&娘さんも同行。

9:30頃到着
場内でバイクを組み立てる。学生時代に自転車競技をしていた官兵衛さん、ベテランのkiri隊長、それに当たり前だけどnagi師匠はピスト。キムタクさん、ロッタパパさんと私は普段のロードバイク。
ピストを組み立てるところを初めて見た。クイックレバーがなく、車輪をボルトで締めていた。チェーンの張り具合などを調整しながら張りすぎず、ゆるすぎずの調整が難しそう。       
記録会の受付後、走者順が決まる。出走する種目は以下の通り。
① 私       (200m、1000m、400m)
② kiri隊長     (200m、1000m)
③ キムタクさん  (200m、1000m、400m)
④ 官兵衛さん   (200m、1000m、400m)
⑤ ロッタパパさん (200m、1000m)
⑥ nagi師匠    (200m)

c0233101_08503688.jpg

10:00
アップ開始。バンクは1周400m。実際に走ると走路は斜めになっていて怖いし緩い坂を登っているような抵抗があるので、初めは平たい赤い所を走っていた。二本の白い線の間を走るように言われた。一度だけ、バンクの頂上まで登ってみた。すごく高く怖かったけれど、面白かった。高校生たちには次々と抜かれた。

c0233101_08504820.jpg

10:30
記録会開始。まず200m。バンク初心者なので、一般の最後に順番を回していただいた。フェンスに捕まって、クリートをはめたまま踏み込んで走り出す。バンクの頂上まで登り勢いをつけて、1周半した後、加速をつけて最後の200mを計測。スムーズに上がれず後ろの人に追い抜かれてしまった。結果は、15秒29。速いのか遅いのかわからない。走り出しは難しいし、慣れていないとなかなか上に上がれないものなのだと感じた。
kiri隊長、官兵衛さんはバンク慣れしており、スタートもスムーズで体に変な力が入っておらず、スピードに乗っていた。kiri隊長は、通勤に長く使っていたピストだったため乗り心地がよく走りやすかったとのことで、10年前よりも記録が良かった。官兵衛さんは、ポジションが気になったようで、走行後にサドルを微調整されていた。

11:30
(なぜか先に計ることになった)1000m。次は400mの予定だったけど、お昼前に1000mを計ることになった。後輪をスタート台にはめてのスタートで1回目は失敗してしまい、半周したところでストップと言われた。うまくロードを押し出せず、スタートにもたついてしまい計測ができなかった。2人ずつの出走で2番目の桐原さんも再スタートとなり、一般の最後に順番が回った。
前の人が走り終えるまで、アップをしながらスタートのイメトレ。再挑戦、今度はうまく押し出せて、加速もできた。1周半したところで、足が熱を持ち始めた。まだ1周もあると思った瞬間に気が遠のきそうだったけど、気合で走り切った。

c0233101_08504270.jpg

12:00
お昼休憩。昨日のカレーがお腹に残っており、お稲荷さん2つでお腹いっぱい。(編注:前夜、南米商会恒例の暑気払いがあり、激辛カレーなどをしこたま食べてます)
「まだ力が余っとるやろ」とnagi師匠に言われて思わず「はい」。次の400mの前にもう一度1000mを走らせてくれるとのことだった。

13:15頃
400m。その前に私だけ、1000mをもう一度、走らせていただく。今回はスタート台を使わずサドルを支えてもらって出走するスタンディングスタート。お昼にいただいたアドバイスの通り、ギアを50T-14Tに上げる。結果、1回目よりも10秒早い1’30"というタイムを出せた。うれしかった。(今回の南米朝練1番タイムです)。400mの1番走者はキムタクさん。200mに比べて力みのない走り。私も400mも計っていただいた。スタンディングスタートでバンクを1周する簡単なルールなので思いっ切り走れたが、タイムはあまり良くなかった。

c0233101_08505182.jpg

13:45
時間が余ったのでもう一度200m。nagi師匠も含め3人が1回目の記録に納得していなかったようであった。kiri隊長は、薙野さんの後車輪を使って走行していた。
**************************************
この日の走行距離は、1000mを2本走ったミカちゃんでさえ3km足らず。計1200mしか走らなかったロッタパパさんは、翌日まで足がパンパンになっていました。
たったそれだけで? と思われるかも知れませんが、ピストではだれでもこうなります。中でも1000m独走は、ミカちゃんも書いていますが、何でこんなに苦しいのかと思ってしまいます。公道では絶対に出せない力を絞り出せているんですね。
アマチュア向けの記録会は、ほぼ毎月1回のペースで開催されています。ロードバイクとは違う楽しさがあります。ご一緒しましょう。


[PR]
by nambei | 2017-08-11 10:00 | That's cycling!!