スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

競輪場体験 チャレンジ・ザ・バンク編


c0233101_10332113.jpg
少し前になりますが、9月3日、久留米競輪場でアマチュア対象のトラック競技イベント「チャレンジ・ザ・バンク」が開催されました。バンクを走る面白さに取り憑かれ始めた南米朝練メンバーも3人が出場しました。
今回はコテツさんがレポートを寄せて下さいました。写真は応援団のロッタパパさんです。




**************************************
出走したのは私、古希なお元気いっぱいの良いムタさん、イシヤマさん。大会役員を務めるnagi師匠と応援団4人が同行しました。
久留米競輪場に来るのは2回目。初めて来たのは去年、南米朝練メンバーと城島酒蔵びらきで日本酒を堪能したあとのG1レース観戦でした。
受付を済ましパンフレットを見ると、参加者はほとんどがトラックレーサーで、元気な自転車競技部の高校生も多数。私達が乗るロードレーサーは10人前後で、やはり競輪場だなぁと実感。
参加するレースは、スクラッチ、ポイント・レース(だったのですが…)、チーム・スプリント。
スクラッチは6kmで着順を競うロードレースのようなもの。久留米競輪場は1周400mなので15周走ります。
ポイント・レースは10kmで競いますが、2kmの周回数毎に通過順位でポイントが付与され、総獲得ポイントで順位が決まります。
チーム・スプリントは1チーム3人で同時にスタートし、第1走者が1周で離脱、第2走者が2週で離脱、最後に第3走者が3周走りセンターラインにフィニッシュした時点で計測し順位を競います。通常は2チームがホームとバックから同時スタートし対戦しますが、今回は参加チームも少なく、1チーム毎の計測になりました。

まずは試走。バンク初体験でしたが走りやすさに驚きました。公道とは違う、タイヤが吸い付くような感触と凸凹のないストレスフリーな路面、見た時には怖かった傾斜も走ってみるとすぐ慣れました。

最初の種目はスクラッチ。5人が出走しましたが、うち3人が我が南米朝練メンバー。入賞の期待が高まります(笑)レースは見るからに速そうな方の独走となり、あとはほぼ団子状態。途中から良いムタさんと先頭交代しながら走り、良いムタさん2位、私3位でゴール!期待に応え入賞を果たしました(爆笑)キツイながらもあっと言う間の15周でした。
次はポイント・レースでしたが、出走は、先ほどのスクラッチでレベルの違いをまざまざと見せ付けて1位になった方と、良いムタさん、私の3人ということで、急遽ケイリンに変更。
ケイリンはペーサーに付いて周回し、ペーサーが離れた後、2周で着順を競います。テレビで見る競輪そのものです! ペーサーの後ろに付いて走ると気分はもはや競輪選手です。レースはこれまたあっと言う間に終わりましたが、ここでも良いムタさん2位、私3位と南米朝練メンバーの実力を遺憾無く発揮しました(笑)
c0233101_10332984.jpg
最後にチーム・スプリントです。私は第2走者で出走。走力は当然ですが、3人の呼吸の合ったチームワークが必要です。まだまだ経験が足りない私達のタイムは冴えないものでしたが、先頭で精一杯踏んで後に託す、という、この競技の醍醐味は十分に味わいました。
c0233101_10331999.jpg
普段は走ることができない自転車競技専用のバンクは、やはり特別な空間でした。走ることだけに専念できる楽しさに、まだまだ走りたい、また来たい、と思いました。
いつものメンバーと、いつもとは違う自転車の楽しみ方が経験できて最高でした。皆さんも是非、バンクを経験しませんか!
c0233101_10501474.jpg
c0233101_10332596.jpg

[PR]
by nambei | 2017-09-17 10:00 | That's cycling!!