スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:用語集( 137 )


メリダ


MERIDA。台湾第2の生産量(ということは世界でも第2位)を誇る自転車メーカー。1972年創業で、アメリカメーカーのOEM生産が主だったが、2000年代から本格的に自社ブランドを展開している。
近年は、MTBやプロロード界に積極的にフレームを供給している。


[PR]
by nambei | 2012-01-20 05:00 | 用語集

スコット


SCOTT。1958年創業、スイスのスポーツ用具メーカー。
元々は、ストックをはじめとするスキー用具を手がけていたが、'70年代にモトクロス、'80年代にスポーツバイク用具に進出、'90年代に入ってフレームの販売を始めている。
'89年にグレッグ・レモンがツール・ド・フランスを制した時に使ったエアロバーは有名。
「シンクロス」ブランドでパーツも販売している。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 04:30 | 用語集

ジェイミス


JAMIS。1937年創業の自転車、部品輸入代理店が母体。1979年にオリジナルのビーチクルーザーの発売を始め、現在ではロード、MTBなど様々なバイクを揃えている。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 04:21 | 用語集

ニールプライド


NEILPRYDE。アメリカのセイルメーカー。主にウインドサーフィン用のカーボン製セイルで知られる。2011年からカーボンフレームでスポーツバイク販売に乗り出している。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 04:20 | 用語集

リッチー


RITCHEY。アメリカの完成車、パーツメーカー。
アメリカのロード選手だったトム・リッチーが1970年代初頭にロードフレームの製作を始めたのがスタート。ゲーリー・フィッシャー、ジョー・ブリーザーと知り合い、マウンテンバイクを製作したのが世界的な流行となり、リッチー社を設立した。
MTBだけでなくロードバイクも造り続けており、今では部品等も手がける総合メーカーに発展した。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 04:15 | 用語集

マージ


MASI
アメリカ・ハローバイク社が所有するブランド。
1949年にファリエロ・マージがイタリア・ミラノで起こした工房がルーツ。ファリエロは1970年代に工房を息子アルベルトに任せて渡米、製作を開始する。数年後に弟子に暖簾分けして帰国するが、この暖簾分け分が紆余曲折の末、ハローバイク社の手に渡っている。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 04:00 | 用語集

グラファイトデザイン


GRAPHITE DESIGN。1989年創業の日本のCFRP加工会社。ゴルフシャフトのOEM供給からスタートし、2009年にカーボン製スポーツバイクフレームを売り出し、自転車業界に参入した。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 03:55 | 用語集

土屋製作所


日本のフレーム工房。1960年代から'80年代前半にかけて「エバレスト」のブランドで競技用自転車を製作した。日本のビルダーの草分け的存在である梶原利夫氏が在籍しており、素晴らしいフレームを生み出す一方で、たくさんの弟子が梶原氏の元から巣立っている。'84年に「ツチヤ・トレーディング」として再出発しフェラーリのディーラーに衣替え、「エバレスト」は消滅した。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 03:50 | 用語集

シルク


1954年設立の片倉自転車工業のブランド。親会社が製糸紡績の片倉工業であった縁から命名された。競輪や五輪代表のフレームを製作するなど良質の製品を送り出して人気が高かったが、台湾製の台頭に押され、'90年代末に消滅した。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 03:45 | 用語集

グエルチョッティ


GUERCIOTTI
1964年創業のイタリアの手作り工房。創業者のパオロがシクロクロス選手だったため、シクロクロスバイクを得意としていた時期が長く、今でも質実剛健、頑丈なフレーム作りをしている。
[PR]
by nambei | 2012-01-20 03:30 | 用語集