スポーツサイクルショップ南米商会 nambeifram.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

オーダーフレーム「NAMBEI」承ります


by nambei
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Fleche Japon 2018 参加レポート


c0233101_07522249.jpg
少し前になりますが、3月31~4月1日に熊本県玉名市で「Fleche Japon  2018」が開催されスーパーランドヌーズ、トモさんら南米朝練のロングライダーズ3人が参加、無事完走しました。
「フレッシュ」は、ブルベ同様、長距離を走るイベントですが、決まっているのは開催日時、参加者が落ち合う場所(ナイス・プレイス)だけ。コース、出発地点は参加者の自由でとにかく24時間で360km以上走れば完走(いくつか条件がありますが)。参加者がゴールに向かって集まってくる、というイメージですね。普段は1日で200km以上を平気でこなすロングライダーズにとっても、24時間で360km走破、3人全員ゴールで完走認定というのはドキドキだったようです。
レポートはBoseさんからいただきました。




トモさんから参加のお誘いがあったのが昨年12月。後先考えずに二つ返事で「参加!」と表明したものの、日が経つにつれ後悔の念がフツフツと湧き上がった。200km走行はアビちゃんの主宰する「アビ兄ィのカッケーロングライド・糸の切れたタコツアー」で、毎月のように山岳を中心に走っていたこともあり「200kmまでは何とかなるだろう」という思いはあった。が、これまでの最長距離は300km弱、福岡~人吉~鹿児島の一回のみ。この時は鹿児島市内に入るまでの長い登りにヘロヘロになり一緒に走ったヘラゾーさん、アビちゃんに待ってもらいながら何とか鹿児島中央駅に約18時間かけてゴールした。

「Flecheの認定を得るには24時間走行時点で3台以上の自転車が最低360km以上の行程をクリアする必要があります」と規定にある。今回は3人でのエントリーとなった。誰かがDNFしてしまえばチームが失格になってしまうという事。
「これは責任重大やぁ」今更ながら自分の軽率さを悔やんで見ても仕方ない。これで60年ちょっと生きてきたのだから。メンバーはリーダーのトモさん、momonさんそれにboseである。
c0233101_07523091.jpg
何としてでも自分が原因でチームがDNFする事だけは避けたい。今年の冬は寒く、じゃなくモチベーションが上がらず1月は殆ど走れてない状態だったので、とにかくロングライドを身体に染み込ませなければと2月後半から3月中頃まで毎週末200km走をやった。夜中も走る事になるので参加予定メンバーと土曜夜から日曜の朝までのロングライドも経験した。
ブルベやフレッシュに参加するには距離が長いだけに荷物も当然多くなる。当日の天候や気温が最大のネックとなるだろうが、その他にもGPSやライト類、モバイルバッテリーに電池、補給食、着替えにチューブ、補修ツールなど装備を挙げればきりがない。
それらを効率良く、必要な時にサッと取り出せるようなパッキングが理想だがそれが大変だ。その点、トモさんは流石にロングライドの大御所! シャーミークリームをボトルごとバッグに放り込んで携行されていた!因みに、雨でジャージが濡れてしまい予備がないときは、コインランドリーで乾燥させるそうだ。じゃ、その間は???? 裸で待っている訳ではあるまい?
c0233101_15035356.jpg
ブルベライダーのブログを参考にして自分にあった装備やパッキングを学ばさせていただく。ブルベライダーは皆さん色々と試行錯誤を繰り返していらして頭が下がる。
コースはトモさんの設定。鹿児島港からフェリーで桜島に渡って、「桜島フェリーターミナル」をスタートし、反時計回りに鹿児島湾沿いを走り鹿児島市~指宿市へ。さらに枕崎市~吹上浜~阿久根市~水俣市と海沿いを北上して玉名市に向かう全行程400km。

スタート前日、3月30日に鹿児島入りし鹿児島中央駅の近くの居酒屋で完走を祈り乾杯!どの店も満員で鹿児島は活気に満ちてる!
c0233101_07523324.jpg
翌朝8時頃揃って鹿児島フェリー乗り場へ移動しスタート地点へ向かう。約15分の船旅、船窓から見ると桜島の噴煙は少なく風も穏やかそうだ。
午前10時きっかりにスタート。証拠写真をパチリ。
c0233101_07522623.jpg
まったりとしたスタート。緊張感はない、いつもの朝練のスタートの雰囲気だ。景色はいつもと違うので新鮮だ。アップダウンも結構あるがのんびり走ってくれるので「これならいけるか?!」と思う。
先ずは最初のPC40km先の「ファミマ国分敷根店」を目指す。アベ約20kmで進めばお昼に着予定。PC通過の証拠用に補給食を買い1枚目のレシートゲット。このレシートが8枚貯まればゴールだ。

次のPC「セブン-イレブン鹿児島谷山港入口店」まで約50km、14時30分着予定。錦江湾をぐるっと回って鹿児島市内を横切り、今朝方通った桜島フェリー乗り場を左手に見ながら進む。バイパスに入ると道も広くなるが車の量もそれなりにある。
最近立て続けに2度、鹿児島まで自転車で来たが、鹿児島中央駅からとんぼ返りだったため気付かなかったが随分と街が綺麗になって発展してる。中学生の時の修学旅行と高校生の頃ヒッチハイクで鹿児島に来た刻に比べてそりゃ当たり前だろうが見違えた。
鹿児島の人は人懐こいのか、オッさんライダーが珍しいのかPCポイントでも若いお母さんが話しかけてきてくれ、疲れた身体が癒された。

指宿の砂むし温泉でDNFしたい気持ちを抑えつつただ次のPCを目指す。3つ目のポイントはブルベで名所の「旅館食堂くりや」だ。ここは鰹のたたき定食が人気とのことだが3人とも「とんかつ定食」をオーダー。食堂の開店時間より30分以上早く着いてしまい長い休憩となってしまった。ここまでで走破距離約127km。残りの距離は考えず今を楽しむよう心がける。ここで花見を楽しむメンバーへLINE!「なんか疲れた様子」と返信あり。確かに!
c0233101_07521937.jpg
夕食を済ませ再スタートする頃は、陽も大分傾き少し肌寒くなってきた。トモさんとmomonさんはウインドブレーカーやスパッツで寒さ対策。私は、自転車をなるべく軽くしたかったのでせっかく用意していたウェアを送り返してしまっていた。寒いが仕方ない(この辺が経験が足りない悲しさ)。付け足だけは持っていたのでそれだけでも助かった。夜間走行に備えライト類の点検をし次のPC「ファミリーマート枕崎新町店」を目指す。開聞岳の綺麗なシルエットを写真に収めつつ夕暮れ迫る国道226号を進む。枕崎市はあっという間に通り過ぎてしまった。昔の記憶にあるびんた定食を食べさせる店は?分からんかった。
次のPCは「ジョイフル加世田店」オジさん3人が怪しい格好して入店。皆んなでパンケーキセットをオーダーし、ぱくついてるので店の人も引いてたぞ。
この辺りから距離と時間の感覚が麻痺しているようだ。少しづつPCの間隔が長くなっていくが休憩を取ろうという気持ちがない。ペダルを回しているのも無意識、自転車にまたがっているのもたまに信号で止まるのも無意識。脳内アドレナリンが出ているのか?いやそうではない!意識が飛んでるだけだ!
次のPC6は約80km先の「ファミマ阿久根赤瀬川店」。夜もどっぷりとふけ前照灯と後尾灯、反射ベストを光らせた3台の自転車に車も遠巻きに追い越していく。60km先のPC7「ヒライ田浦店」を目指すが明け方前強烈な睡魔に襲われ水俣辺りの道の駅で仮眠を取る。トモさんの「5分寝る」に私も横にだけなるつもりが寝落ちしてしまい結果30分寝てしまった。momonさんは、膝の裏に違和感を感じ我々が寝てる間中マッサージしていたとのこと。

PC7の「ヒライ」で朝食を取る頃には空も白々と明けてきた。そろそろゴールも見えてきたが、24時間時点でナイス・プレイスに設定されている玉名市の「ホテルしらさぎ」まで辿り着けそうにないと判断したトモさんが、フレッシュの完走要件のひとつ「最後の2時間で25km以上走ること」を満たすための策を練る。360kmに達した辺りの分かりやすい場所を探しながら走る。どこで撮ったか忘れたが証拠写真に皆んなで収まる。

眠たいのか眠たくないのか、今寝ていいよ、と言われれば即眠れる。そんな中、ずっとゆったりペースだったので疲労はそれほどない。いや感じない(眠くて)。最後のPC8「宇土駅」で集合写真を撮りデイリーヤマザキで眠気覚ましに「メガシャキ」購入。一気飲み。これが最後のPCだ。ブルベカードに規定のPC用のレシートが貯まった。感動である。
後はナイスプレイスの玉名温泉までを残すのみ。

お昼前にナイスプレイスに到着!3人で記念撮影してフレッシュも終わり。まだ走りきった実感がないが、夕方の懇親会まで風呂入って玉名ラーメンとビールで乾杯すれば感動も湧き上がることでしょう。
c0233101_07521615.jpg
懇親会は無事走り通したチームがたくさん集まっていた。女性のみのチームや、はるばる北海道からの参加者がいたりで、何時もの飲み会とは違う雰囲気の中、楽しく充実した時間があっという間に過ぎてしまった。私は疲れ果て1次会が終了次第部屋へ帰って寝てしまったが、猛者の方たちは夜の飲み屋街へと繰り出したのは言うまでもありません。
素晴らしい企画と宴会を企画された「ランドヌール熊本」様へ改めて感謝いたします!
ブルベは平均約15km/hで走ればゴールできる。勿論休憩の時間も入っているので実質平均20km/hはキープしないといけない。簡単そうに思えるが登りもあるのだから、これがかなり難しい。
400kmを完走できたことは一生の思い出となりました。

フレッシュに誘ってくれたトモさん、雰囲気作りのうまいmomonさんありがとうございました。今回は参加できなかったけどヘラゾーさん、アビちゃん色々と協力してくれてありがとうございました。
これで、今年のロングライドは終わりです。と思っていたらトモさんからまた新たなお誘いが…いや無理!絶対無理!
**************************
Boseさんの年齢に関する手がかりが文中に出てきますが、今回の3人は全員アラ還です。いくつになっても楽しめるのも、サイクリングの楽しさのひとつです。走る仲間をお探しの方、南米商会を覗いて下さい。




[PR]
by nambei | 2018-06-04 10:00 | That's cycling!!