体力測定:アクシオン福岡

c0233101_08192592.jpg
南米朝練のメンバーが「アクシオン福岡」で体力測定を行いました。見学したロッタパパさんのレポートです。




「アクシオン福岡(福岡県立スポーツ科学情報センター)」は福岡空港にほど近い東平尾公園内にあります。周辺の各種競技場と共に1990年のとびうめ国体に合わせて整備されたそうです。
c0233101_08184174.jpg
そこで行われているアスリート向けの体力測定は「総合運動能力向上相談」。有料です。
久留米競輪場で定期的に行われているトラック競技の記録会には、アクシオンで選抜された小中学生も参加していますが、ここでの身体能力の測定結果が優秀な子どもたちを選んだスポーツエリートなんだそうです。この「福岡県タレント発掘事業」はスポーツ庁長官表彰も得ていて、すでに多くのアスリートを輩出しているとのこと。
c0233101_08183973.jpg
さて、健康体力測定室にはいろいろな測定器がずらり。自転車のトレーニングマシンで有名なWattbikeやPowermaxなど、パワートレーニング好きのマゾ系の人が気絶して喜びそうなマシンも並んでいます。
体重などの身体検査から始まり、ステッピング能力検査、全身持久力(VO2max測定など)、筋力、基礎体力測定と続きます。最後にPowerMaxの無酸素パワー測定で疲労困憊して終わり。2時間近くかけ、しっかりと測定してもらえます。
c0233101_08183646.jpg
対象は健康増進を図りたい方や、プロ・アマのアスリートを目指して本格的な体力測定をする方など、レベルはいろいろでしょうが、自分の身体能力を数字で見える化したい人には貴重な場です。
c0233101_08183450.jpg
測定結果は、これまでに測定したアスリート志向の人たちの平均値と比較できます。室内には年齢ごとの標準値と福岡県内の高校生の最高記録が貼ってあり、自分の身体能力がどのレベルにあるのかが分かるようになっています。
c0233101_08192202.jpg
脚の筋力はBIODEXというマシンで、左右の筋肉を動かす速さを変えながら収縮時、伸長時の筋力が計測されていました。この数字たちを読み解くのは難しそうですが、エンジンの回転数・トルク曲線を左右・回転方向を変えて測ったものと考えれば良いのかも知れません。脚の筋力はもっと付けた方が良いというコメントは意外でした。

最後に総評があり、指導員の方との個別相談もできます。そこで指導員の方やnagi師匠が言われていた、スポーツで記録を伸ばすには「体力×技術」が必要という話。ここでは体力が数値化されます。
しかし、技術、さらには精神力は数値化されません。父兄参観気分の私は「巨人の星」世代のおじさんで、「根性」に基づく精神力が好きなんですが、こういう数字が見えた方が、体力はもちろん、技術や精神力も上手に伸ばせるはずです。ちょっとうらやましさを感じます。

さて、体力測定は見てるだけでもお腹が減ります。帰りはすぐ近くの「天麩羅処ひらお」でしっかりお昼ご飯。測定した人たちは体力を、見学の私とnagi師匠は体重をしっかり増強し、帰路につきました。



by nambei | 2019-02-11 10:00 | 日記